おすすめ方法.com

【おすすめ】をリサーチ・比較、【方法】を分析・紹介するサイト

【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】

time 2016/07/02

「常時SSL化」をしたら、サイトの全ての画像URLを「http」から「https」に変更しましょう!
URLを変更するには、

  • 画像を削除→再アップロードする
  • 投稿画面でビジュアルエディタからテキストエディタに変更し、画像URLのhttpを1つずつhttpsに変更する

といった手順を、全ての画像に1つずつ行う方法もありますが、大変です。
そこで、WordPressプラグイン「Search Regex」で、画像URLを「http→https」に一括置換(ちかん:置き換えのこと)しましょう。

WordPressプラグイン「Search Regex」は、常時SSL化以外であっても、どのような文字も一括置換できますよ。
ただし置換後は元に戻せないので、バックアップを取ることをおすすめします。

※本記事は、以下ができている前提で進めていきます。

  • エックスサーバーで「SSLサーバ証明書」を発行する
  • WordPressのサイトアドレスを変更する
  • 「.htaccess」に「http→https」の301リダイレクト設定をする

「常時SSL化」の参考記事

なぜ「常時SSL化」をしなければいけないのか?
仕組み、重要性、メリット・デメリット、いつ移行すべきか、については下記を参考にしてください。
常時SSL化(https)のメリット・デメリットまとめ。あなたのサイトもいつかhttpsに移行することになるかも!?

「常時SSL化」をする方法は、下記にまとめてありますので参考にしてください!
「常時SSL化」をする方法 まとめ。(エックスサーバー)

sponsored link

WordPressプラグイン「Search Regex」をインストールする方法

まず、WordPressプラグイン「Search Regex」をインストールします。

【WordPress公式サイト Plugin Directory】Search Regex
から、直接ダウンロードもできます。

【WordPressの使い方】プラグインを確認、インストール、有効化、停止、削除する方法
から、インストールの操作手順方法(画像で説明付き)を確認できます。

「管理画面メニュー」→「プラグイン」→「新規追加」をクリック
「Search Regex」を検索
「今すぐインストール」をクリック
「プラグインを有効化」をクリック。

これで、インストールは完了です。

「Search Regex」を設定する方法

「Search Regex」をインストールしたら、
「管理画面メニュー」→「ツール」→「Search Regex」をクリックし、各種設定をしていきます。↓

2.「Search Regex」を設定する方法

①Source

どこを検索し、置換するかを設定します。
項目は9つあります。

  • Comment author:コメントの作成者
  • Comment author email:コメント作成者のメールアドレス
  • Comment author URL:コメント作成者のURL
  • Comment content:コメントの内容
  • Post content:投稿記事の本文
  • Post excerpt:記事記事の抜粋、引用
  • Post meta value:投稿記事のカスタムフィールド
  • Post title:投稿記事のタイトル
  • Post URL:投稿記事のURL

投稿記事の画像URLを変更するので、初期設定「Post content」のままにします。

②Limit to

検索、置換する上限の数を設定します。
項目は5つあります。

  • No limit:無制限に置換する
  • 10:10個まで置換する
  • 25:25個まで置換する
  • 50:50個まで置換する
  • 100:100個まで置換する

全ての画像URLを変更するので、初期設定「No limit」のままにします。
慣れないうちは、万が一失敗した場合を想定して上限を10にしておきます。

③Order By

検索する順番を設定します。
項目は2つあります。

  • Ascending:昇順に検索する
  • Descending:降順に検索する

どちらでも良いので、初期設定「Ascending」のままにします。

④Search pattern

探したい文字を入力します。
①「Source」で選択した場所から、④「Search pattern」で入力した文字を探します。

入力する文字数はできるだけ多くします。
文字数が少ない場合、例えば「http」とだけ指定すると、外部リンク(引用したリンク先のURL)も対象となり、置換後にリンクエラーが起こります。

「http://osusume-houhou.com」のように、ドメイン全てを入力すれば、探したい文字が正確になります。

⑤Replace pattern

置換したい文字を入力します。
④「Search pattern」で入力した文字が、⑤「Replace pattern」で入力した文字に置換します。

④「Search pattern」でドメイン全てを入力したのに、⑤「Replace pattern」で「https」と入力すると、「http://osusume-houhou.com」が「http」になり、ドメインが消えてしまいます。
入力内容を間違えないように注意しましょう。

ここでも④「Search pattern」と同じく、「https://osusume-houhou.com」のように、ドメイン全てを入力します。

⑥Regex

「Regex」にチェックを入れると、④「Search pattern」で正規表現を使えるようになります。

正規表現とは、いくつかの文字列を一つの形式で表現する方法のことです。
「2016/M/D」を「2016年M月D日」に変えたい時などに使います。

画像URLの置換には使いませんので、そのままにします。

⑦Search

⑦「Search」をクリックすると、①「Source」で指定した箇所から、④「Search pattern」で指定した文字を探して表示します。
⑦「Search」をクリックしても、検索を行うだけで置換はされません。

⑧Replace

⑧「Replace」をクリックすると、④「Search pattern」で入力した文字を、⑤「Replace pattern」で入力した文字に置換して表示します。
⑧「Replace」をクリックしても、検索と置換結果の例を表示するだけで、置換はされません。
ここで「Replace」をクリックして、本当に置換内容が本当に正しいか確認します。

⑨Replace & Save

⑧「Replace」の検索、置換結果が正しければクリックします。
「Replace & Save」をクリックすると、検索、置換、保存します。
確認画面が表示されないので注意して下さい。

「Replace & Save」をクリックしたら、置換したページを確認します。
ブラウザのURLに緑色の鍵マークが表示されていれば、成功です。

まとめ:WordPressプラグイン「Search Regex」は、画像URLの置換がとっても楽。でも、失敗したら取り返しがつかないかも?

WordPressプラグイン「Search Regex」は、サイト内の全ての画像のURLを置換できます。
ドメインを指定して置換した場合は、内部リンクも一緒に置換されるので手間が省けます。
常時SSL化をする際は、とても重宝することでしょう。

でも、もしも失敗したら取り返しがつかなくなる恐れがあります。
くれぐれも、バックアップをする、「Replace」で置換内容を確認することをおすすめします。

「常時SSL化」の参考記事

「常時SSL化」をする方法は、下記にまとめてありますので参考にしてください!
「常時SSL化」をする方法 まとめ。(エックスサーバー)

この記事では「手順4」の、内部リンク、画像の参照元の修正をする方法を行いました。
「手順5」~「手順7」は上記のまとめにあります。

「手順8」の「Googleアナリティクス」「Google Search Console(Googleウェブマスターツール)」を再設定する方法は、下記を参考にしてください。
【常時SSL化】「Googleアナリティクス」「Google Search Console(Googleウェブマスターツール)」を再設定する方法

以上、
【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】
でした。

お疲れ様でした(^^♪

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

読者が読んでる人気記事