おすすめ方法.com

【おすすめ】をリサーチ・比較、【方法】を分析・紹介するサイト

「文章量と価値は比例する」の方程式。共感される文章が正義!『「言葉」を「お金」に換える文章術』

time 2016/07/18

1.「文章量と価値は比例する」の方程式。共感される文章が正義!『「言葉」を「お金」に換える文章術』

~読まれる文章が多ければ、価値も比例して上がる。~
  • 書名:「言葉」を「お金」に換える文章術 ネットで年1000万円稼ぐ!
  • 著者名:高橋フミアキ/著
  • 出版者:ぱる出版

セブンネットショッピング

モノの価値は情報量によって変わります。
本書『「言葉」を「お金」に換える文章術 ネットで年1000万円稼ぐ!』は、文章力を高める意欲が持てるようになり、初級~上級の文章テクニックを学べる本です。

著者の高橋氏は、広告代理店に10年勤務し、著書累計30万部、毎年1000人以上に文章の書き方を教えています。

  • 文章力を高めたいけど、なかなか行動に移れない。
  • 会社員を続けながら、副業で毎月10万円稼ぎたい。
  • 集客、セールスで売上高を上げたい。

このような方で、文章が購買に繋がる場面、文章力を高める方針を学びたいなら、おすすめの1冊です!

sponsored link

知らないモノは悪いモノ。知っているモノに価値がある。

~「情報量=価値」という方程式を心得よ。~

とあるワインの試飲会で、2つのワインの美味しさを比べることになりました。

「Aはね。フランスのボルドー地方よりもさらに南のタランスというところで生産されているワインで、酸味の強いのが特徴なんだよね。
でもね。酸味が強いほどポリフェノールが豊富だってことが最近の研究で解明されていて、タランス地方には長寿村がいっぱいあるんだ。
どことなく、南フランスの香りがしないですか?」

「Bは、フランス産の高いワインなんだよ。」

説明を聞いた後に試飲し、どちらが美味しいか聞くと、11人中、9人がAを選び、2人がBを選びました。
ところが実際の価格は、Aは量販店で買った900円、Bは新宿伊勢丹で買った13,000円でした。

これは、本書にある実験をまとめた内容です。
事前に得た情報で、実際の味の印象まで変わってしまう。
面白い実験ですよね。

実のところ、人間の記憶は曖昧です。
細部まで覚えるのは難しく、思い出せるのはたくさん説明された、、ということくらい。
でも、説明が多いほど、良いモノだと思うのです。

逆に言えば、情報が無ければ悪いモノ、価値が無いのだと判断してしまいます。
わからないから興味がわかない、嫌になるというのは、学校の勉強と同じですね。

知れば知るほど価値が出る。
方程式にすれば、「情報量=価値」となります。
ここで言う情報とは、言葉であり、文字を指します。

一方、途中で飽きたり嫌になったりして、知ることを辞めてしまえば、価値は上がりません。
価値を上げるには、できるだけ多くの情報を知ってもらうことが大切です。

ではどのように「情報を知ってもらう」=「情報を発信する」=「文章を書く」のが良いでしょうか?

そこで、本書『「言葉」を「お金」に換える文章術』の出番です!
本書は6章で構成しています。

  • 第1章 なぜ文章力があればビジネスがうまくいくのか?
  • 第2章 文章力がなくて失敗した起業家たち
  • 第3章 お客様の共感を得るための文章術
  • 第4章 見出しに使えるキャッチコピー術
  • 第5章 これだけは外せない3つの文章テクニック
  • 第6章 少し長めの文章を書くときの文章テクニック

1章~2章で、文章の大切さがわかり、文章力を高める意欲が沸いてきます。
3章~6章は、文章作成の方針と具体的なテクニックが学べます。

文章作成の例題として、実際の店舗等での事例も載っています。
どの場面で、どのように「文章」が購買や価値向上に繋がっているかがわかりますよ。

「なるほど!」と思った中からピックアップ!

~参考になった内容をいくつか紹介します!~

共感を得るには、お得情報9割。売り込みは1割、そっと添えるように。

お得情報とは、お客様に良い変化をもたらす情報です。
種類は3つあります。

  • 新規性
  • 意外性
  • 便益性(ベネフィット)

売り込みは1割。そっと添えるようにします。

反感、抵抗感、不快感を持たれないようにする。

マイナスの印象は、できるだけ持たれないようにします。
記事の離脱、最悪クレームになりかねません。
1人が嫌だと思うことは、多くの方が嫌がるものだと認識しておいた方が無難です。

「嫌がられる」=「共感が一瞬で崩れる」言葉には3種類あります。

  • 命令形
  • 非難、中傷、悪口
  • 説教

共感とは、感情を共有すること。

例えば、暑い日に冷たいお茶を飲むとより美味しく感じます。
その美味しさを、読者と一緒に「そうそう、美味しいよね!」と頷き合う。
これが共感です。

共感した後に、こうしよう、といった情報を提供すると、話がスムーズに進みます。

読者は変化を求めている。同時に変わることを恐れている。

誰しも、頭(意識)では変わりたい!と思っています。
でも無意識では、変化を恐れています。

そういえば、経験ありますね。
試験勉強、ダイエット、部屋の掃除。
小さなことから大きなことまで、行動に移せない代表格です。

もしも上手くいかなかったら?
前も上手くいかなかったし、関係ないけどあれもこれもダメだった、、やっぱり今回もダメだあ!
きっと無意識は、こんな風に思っているに違いありません。

理屈では、行動をしなければ上手くいくはずがないとわかっています。
でも、損をするかもしれないから、なかなか行動に移せません。
損をすると思うのは、実際に損をするよりも怖いものなんですね。

ですから、ライターは読者にそっと寄り添い、恐れを和らげます。
「よく、わかります」と、恐れに共感してあげます。
その後、「大丈夫ですよ」と安心できるようにします。

6つの文章テクニック

文章を書く上で、いくつかテクニックがあります。
適切な個所で、適切な使い方をします。

  • 数字を入れる
  • 驚きを入れる
  • ベネフィットを入れる
  • 60文字以内の短文で書く
  • 無駄な言葉は削除する
  • 具体的な情報を入れる

おすすめの文章の構成

用途によって、文章の構成、話の進め方を選択します。

  • 連鎖式構成法:読みやすくし、一気に読ませる
    1. Aの話をする。
    2. Aの補足説明。Bの話を加える。
    3. Bの補足説明。Cの話を加える。
  • 問題提起型構成法:悩みを解決する
    1. 問題提起
    2. 常識を否定
    3. 理想的な結果
  • ベネフィット型構成法:行動を促す
    1. 予告する
    2. ベネフィットを言う
    3. あおる

まとめ:どんな悩みがあるかを調べることが最も重要。

文章を書く上で最も重要なのは、人々がどんな悩みを抱えているかを調べることかもしれません。
良いテーマこそ、良い文章が生きてくると言えます。

『「言葉」を「お金」に換える文章術』は、文章力の重要性、テクニックを学べます。
具体例には、人々の悩みのありかと、文章による対策が示されています。

注意点として、本書は文章作成の基本的な内容が記されています。
ある程度文章作成ができる方や、既に構成力のある方には物足りないかもしれません。
初心者の方にこそ、おすすめの1冊です。
その点、ご注意くださいませ。

以上、
「文章量と価値は比例する」の方程式。共感される文章が正義!『「言葉」を「お金」に換える文章術』
でした。

せひ、手に取ってみてください(^^♪

セブンネットショッピング

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

読者が読んでる人気記事