おすすめ方法.com

【おすすめ】をリサーチ・比較、【方法】を分析・紹介するサイト

【STINGER PLUS+】記事を投稿する方法

time 2016/06/21

今回は、「STINGER PLUS+」で記事を投稿する方法を紹介します。
まだプラグインやヘッダー画像などの、便利ツールやデザインを一切変更していない状態でも、いくつか記事を作っていきます。

本当は一番最初にサイトのイメージを固めてから、トップページの画像やサイトの色などを決めて、記事を作れたらベストです。

でも、記事の内容をいくつか書いていくと、画像や色を変えたくなるんです。
意外とイメージが漠然としていたんだなって気付く瞬間です。。

画像やレイアウトといったデザインに当たる部分は細かい設定が多いので、何度もやりなおさずにすむように。
また、サイトのイメージを固めるためにも記事を書いていきましょう!

記事作成は「STINGER PLUS+」に限らず、WordPressでは基本的な項目になりますので、参考にしてくださいね。

sponsored link

①新規投稿を追加する

①管理画面メニュー「投稿」の「新規追加」をクリック。「新規投稿を追加」画面になります。

2.1.管理画面メニュー「投稿」の「新規追加」をクリック。「新規投稿を追加」画面になります。

②記事のタイトルを書く

②記事のタイトルを書きます。
タイトルは検索エンジン最適化、いわゆる「SEO」でかなり重要な部分です。

たくさんのアクセスを集めるなら、検索するだろうキーワードを含めてタイトルを決めます。
既に有名なブログや、ファンがいる方でなければ、検索されるかどうかで記事が見られることになります。
なのでタイトル決め・キーワード選定はとても重要になります。

また、タイトルの文字数は32文字以内が良いです。
googleの検索結果の画面では32文字まで表示される仕様のため、長すぎると途中で切れて表示されてしまうのです。
とはいえ、絶対に32文字以内にしなければいけないというルールはないので、たまに長過ぎても大丈夫です。

④本文を書く

一番大切なコンテンツ、本文です。
いかに読みやすく、面白く、ためになるように書くにはどうすれば、、、
なんてことは、初めは気にしなくて良いのです。
あなたが好きなことを、好きなように、好きなだけ書けばOK!

③ツールバーを切り替える

見出しなどを選択できるように、ツールバーを切り替えます。

見出しを付ける

見出しがあると文章にまとまりができて、何の話をしているのかわかりやすくなります。
「段落」をクリックすると「見出し2〜見出し6」が出てきます。↓

3.「段落」をクリックすると「見出し2〜見出し6」が出てきます。

「STINGER PLUS+」では、それぞれの見出しがデザインされています。
必要な項目を選べば、パッと見出しができちゃいますよ。

文字を装飾する

強調したい文字を「太字、かつ、赤色」にしたり、チェックマークをつけたりすると、より文章を引き立たせます。
「スタイル」をクリックすると、「太字~装飾なしテーブル」まで出てきます。↓

4.「スタイル」をクリックすると、「太字~装飾なしテーブル」まで出てきます。

文章をドラッグして選択することで、簡単に文字を装飾できます。

画像(写真)を入れる

文章の前や、文章の途中に画像を入れたい時は、画像を入れたい場所にマウスカーソルを置いてから「メディアを追加」をクリック↓

5画像を入れたい場所にマウスカーソルを置いてから「メディアを追加」をクリック

「ファイルをアップロード」をクリックし、画像ファイルを選択
②「メディアライブラリ」から「入れたい画像」をクリック
「投稿に挿入」をクリック↓

6.1.「ファイルをアップロード」をクリックし、画像ファイルを選択 2.「メディアライブラリ」から「入れたい画像」をクリック 3.「投稿に挿入」をクリック

大きいサイズの画像をアップロードしても、自動で記事のスペースに合わせて表示してくれる便利機能つきです。
画像を使うと、よりわかりやすい記事になります!

⑤カテゴリーを設定or選ぶ

記事をわかりやすく分類するために、カテゴリーを設定します。

初期の状態だと、記事の種類は「未分類」になっています。
何もしないと、「未分類」カテゴリーが増えていきます。
見た目もあまりよくないので、「未分類」のチェックを外します。

次に「+新規カテゴリーを追加」をクリックし、好きなカテゴリーを記入します。
「新規カテゴリを追加」をクリックすれば、カテゴリーが追加されます。
カテゴリーを選択する場合は、チェックボックスを入れます。

「親カテゴリ」は何らかのカテゴリのさらに下に入れる場合に選択します。

⑥タグを設定する

カテゴリーと似たシステム、タグも設定します。
「タグ」に好きな項目を記入し、「追加」をクリックします。

カテゴリーとタグの違いは何?

「カテゴリー」は記事をグループ分けして分類するものです。
大分類、中分類、小分類、といったように分けていきます。

一方「タグ」は細かい分類、「キーワード」に近いです。
大分類、中分類とは関係なく、カテゴリーを横断して検索できるような感じです。

わかりやすく例を挙げてみます。

「WordPress」というカテゴリーの中に「STINGER PLUS+」をテーマにした記事と、「STINGER7」をテーマにした記事があり、「おすすめ」というカテゴリーの中にも「STINGER PLUS+」をテーマにした記事があるします。

「STINGER PLUS+」の記事が読みたい場合、カテゴリー「WordPress」から「STINGER7」以外の記事を探し、カテゴリー「おすすめ」から「STINGER PLUS+」の記事を探さなくてはいけません。

そこで「タグ」の出番です!
記事に「STINGER PLUS+」のタグをつけておけば、そのタグがついた記事だけを表示できるので、読みたい記事が見つけやすくなるんです。

カテゴリーを階層にして、子カテゴリーにすればいいじゃん?
という意見があります。
もちろん、基本は子カテゴリー化するのが良いでしょう。

でも、カテゴリーが増えすぎるのが嫌だったり、カテゴリーが重複する場合には、この「タグ」が活躍してくれます。

階層をどうするか、カテゴリーを重複させるかは、記事が増えてきたり、ブログによっても変わってきます。
なので、慣れてから変更するのも良いですね。

アイキャッチ画像を設定する

読んで字のごとく、読者の目線を引き付けるための画像のことです。

アイキャッチ画像(サムネイル)は記事で最も最初に目に付きます。
記事一覧、最近の投稿などにも表示されるので、ぜひ設定しましょう。

「STINGER PLUS+」はアイキャッチ画像を設定すると、アップした画像が自動的に切り抜かれて、記事一覧にサムネイルが表示されます。
アイキャッチ画像を設定しないと、「NO IMAGE」が出るので、アイキャッチ画像の設定はむしろ必須と捉えた方が良いかもしれませんね。↓

7.アイキャッチ画像を設定しないと、「NO IMAGE」が出るので、アイキャッチ画像の設定はむしろ必須と捉えた方が良いかもしれません

アイキャッチ画像を設定するには、投稿画面の右側「アイキャッチ画像」の「アイキャッチ画像を設定」をクリック↓

8.アイキャッチ画像を設定するには、投稿画面の右側「アイキャッチ画像」の「アイキャッチ画像を設定」をクリック

あとは画像を設定する時と同じです。
「ファイルをアップロード」をクリックし、画像ファイルを選択
②「メディアライブラリ」から「入れたい画像」をクリック
「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

記事を公開する

ここまで来たら、あとは右上の「公開」をクリックするだけです。↓
あなたの作品を世界にお披露目しましょう!

9「公開」をクリックして記事を公開する

記事の作成画面には、他にも色々と設定箇所がありますよね?
でも、最初のうちは無視しちゃっても大丈夫です!

本格的にSEOをしたい、デザインしてかっこよくしたい、という場合は設定も必要になりますが、何はなくとも記事をたくさん書くことが大切です。
デザインは後でまとめてでもできますし、逆にまとめてやった方がデザインは統一されて良い感じになります。

じゃんじゃん記事を書いて、サイトの価値を高めていきましょう♪

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー

読者が読んでる人気記事